エトヴォスファンデーション

肌トラブルと無縁になれたmamaの体験談⇒etvosミネファンデーションスターターキットのレビュー

クレンジングがシミの原因に。おすすめのクレンジングとは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクをしっかりオフして、素肌にリセットしないと1日が終わった気がしません。ばっちりメイクした日は、特に丁寧にクレンジングしますよね。

しかし、クレンジングが原因でシミを誘発しているって知っていましたか?クレンジングが引き起こすデメリットは肌を乾燥させることから始まり、あらゆる汚肌の根源になってしまうんです。

肌に優しく、低刺激のクレンジングを使うことが、いつまでもキレイな肌を守る秘策になるでしょう。

あなたの1クリックが美肌の源。応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ

クレンジングでシミが出来る!?

両頬にクレンジングの泡をつけて可愛さアピール女子

市販のクレンジングには石油系界面活性剤が配合されていますが、これはメイクアップアイテムに配合されているポリマーやワックス、シリコンなどの化学物質をしっかり洗浄するために必要な成分と言えます。

ただ、この石油系界面活性剤は肌には刺激が強すぎるという難点が…

クレンジングを馴染ませてメイクを浮かせている間に、実は肌の潤いに必須である、角質の細胞間脂質まで浮かしてしまうんです。そうすることで、肌のバリア機能が乱れ、ニキビや肌荒れ、炎症などの肌トラブルに繋がっていくのです。

クレンジングが原因で乾燥肌へ

潤いに必要な細胞間脂質が、クレンジングによって洗い流されてしまう”=乾燥肌を招く

この方程式が出来上がりましたよ~。

でも、これだけだと、クレンジングが引き起こすの肌トラブルは乾燥肌だけに思えるでしょう…実は、乾燥肌が原因で新しい問題が発生しちゃうんです。

クレンジングがシミになる2つの原因

手鏡のかわりに内向きカメラで確認する女性

クレンジングが肌に与えるダメージには2つあります。

  1. クレンジングによる摩擦ダメージ
    クレンジングのデメリットを知っている人の中には、洗浄力の優しいクリームタイプ等を使用している人もいるでしょう。ただし、メイク汚れがなかなか落ち辛くなることから、結果入念に馴染ませることで、肌に摩擦を与えることになるはず。
    摩擦を与えることは、メラニン色素を生成することになり、結果1つ目のシミの原因になるでしょう。
  2. クレンジングによる乾燥ダメージ
    先ほど言ったようにクレンジングで肌は乾燥します。肌が乾燥すると、角質層が硬くなり、古い角質が肌に残りやすくなりますよね。
    ターンオーバーが乱れることでメラニン色素が肌に残ってしまうことが、シミを作る2つ目の原因になるのです。

「クレンジングによる摩擦→乾燥肌→コットンで化粧水等を塗布」この一連の流れはすべてシミの原因に直結していることになりますね…

これ以上シミを増やさないためにも、正しいクレンジング方法を身につけ、使用するクレンジングは入念に選びましょう。

オーガニックのクレンジングがおすすめ

rose oil, rose oil for skin, and rose oil for hair imageの画像

使用するクレンジングはオーガニック製のモノがベスト。または、油脂クレンジングがおすすめです。

油脂オイルを使ったクレンジングには、マカダミアナッツ油・アボカド油・アルガンオイル・米ぬか油などがあります。これは酸化しにくくビタミン類が豊富に含まれているので、肌を健やかに保つ効果もあります。

日本で発売されているオーガニック製品は、正直信用できるものが少ないので、慎重に選ぶ必要がありますが、オーガニック製のクレンジングは石油系の界面活性剤を使わずに作られているので、肌への負担を極力避けつつ、メイクをきちんと落としてくれるでしょう。

また、美肌成分を多く含んでいるため、洗いあがり後のツッパリ感もなく、乾燥肌トラブルを軽減することが出来ます。

日本の「オーガニック」基準についてまとめてみました⇒国産オーガニックスキンケアを選ぶコツ

クレンジングを使い分けてみよう

現在ジェルタイプのクレンジングを使っている人は、ポイントメイク用のクレンジングとして使ったり、例えば、ウォータープルーフマスカラを落とすために購入したクレンジングで、顔全体を洗っている人はコットンを使いアイメイクだけを落とすようにしましょう。

普段からクリームタイプでゴシゴシ擦ってしまっている人は、ポイントメイク専用クレンジングの購入がおすすめです。

クレンジングが肌荒れやニキビの原因になることは、美容に興味のある女性達の常識ですが、毎日のメイクを落とすためには必須のアイテムであることも事実。
そんなクレンジングによってさらなる肌トラブルを増やさないためにも、クレンジングについての知識を深めることで、美肌のターニングポイントが見いだせることでしょう♪

あなたの応援が美肌の源