コラーゲンより吸収されやすいコラーゲンペプチドの美肌効果とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーモンコラーゲンを摂るようになって知ったのが、コラーゲンペプチドというモノ。何でもコラーゲンより、吸収が良いんだそう。

人生で初めて試したコラーゲンゼリーについてまとめた記事がこちらです⇒コラーゲンサプリより効果的。鮭の皮から抽出したサーモンコラーゲンゼリーを試した感想

今回は、コラーゲンよりも美肌の効果が期待出来そうなコラーゲンペプチドについてリサーチしてみようと思います。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ

コラーゲンにはどんな美肌効果があるの?

まずは、コラーゲンの基本の知識。コラーゲンを摂ることでどんな美肌効果が得られるのでしょうか。

コラーゲンがたるみの原因になることを記事にまとめています→コラーゲンの顔のたるみ予防。ハリのある肌で美肌ママへ

肌の表皮内部にあり皮膚を形成している真皮の、網目構造を形成しているのがコラーゲン繊維です。いわば、肌の基礎となる物質。ですが、コラーゲンは飲んでもそのまま肌のコラーゲンに変化するのではなく、摂取したコラーゲンは体内でアミノ酸に分解されてから、肌に必要なコラーゲンの原料となります

この「分解」が、今回重要なポイントになります。

コラーゲンペプチドは吸収されやすい?

コラーゲンとコラーゲンペプチドって何が違うのか疑問になった私は、この情報がとても参考になりましたので、載せておきます。

コラーゲンペプチドは、魚や牛、豚の皮に大量に含まれるコラーゲンを加水分解して、低分子化し、体内で吸収しやすくした高純度のタンパク質です。

コラーゲンペプチドにはゲル化能がなく、冷却してもゼリーとならないので、飲料やスープなどに用いた場合、ゼラチンよりも大量摂取が可能です。

引用先URLhttp://www.nitta-gelatin.co.jp/products/collagen/about.html

コラーゲンを分解する過程には、コラーゲン→ゼラチン→コラーゲンペプチドといった段階があります。上で説明があるように、コラーゲンペプチドにすることで、ゼラチンより多くのコラーゲン量を摂取することが可能になることが最大のメリットでしょう。

コラーゲン量を効果的に摂取する方法

「果物などをジューサーにかける様子果物などをジューサーにかける様子」のフリー写真素材を拡大

コラーゲン量は20歳をピークにどんどん減少していきます。私たちの肌がハリや弾力に欠けていくのも、コラーゲンの減少が関わっているのです。

成人に推奨されている1日のコラーゲン摂取量は5000㎎~10000㎎と言われてるんだそう。

mama
1日約6本の手羽先を食べる事で補えるらしいけれど、無理だよね・・・

しかも、コラーゲンは食べた量がそのまま肌に届くわけじゃないので、摂取量と肌になるコラーゲン原料は比例しないということに。

摂取量を目安にするならこの方法

弾力のあるハリ肌を目指したいなら、摂取量も参考にしてみる事がオススメです。効率的かつ、効果のあるコラーゲンを摂り入れてみたいなら、コラーゲンペプチドが向いていでしょう。

コラーゲンペプチドは、ドリンクか粉状で購入することが出来るのであなたに合った摂取方法を見つけるのも楽しいでしょう。私は、手軽に飲める方が長続きするので、ペプチドを取り入れるならコラーゲンペプチド入りドリンクが好きです^^

コラーゲン・ゼラチン・コラーゲンペプチドと種類がある中で、自分に合ったコラーゲンを見つけることで、肌の奥から跳ね返るような弾力を取り戻せることが出来るかもしれまんせん。
スキンケアだけでなく、減少した美肌成分を効率的に補って、ハリのある素肌を目指しましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ