肌に艶のある人は若々しく見える♪肌ツヤの良いメイクで美肌mamaに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサーを超えてから今までしていたマット肌のメイクでは、日頃の疲れが滲み出ている印象のままでした。

そこで、肌ツヤの美しいメイクに変えたことで、30代でも肌に艶のある女性に生まれ変わることが出来ました。‐5歳肌を簡単に手に入れたいならこの方法がオススメです。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ

肌ツヤが悪いと老けて見える

30代を超えてくると、シミはもちろん肌のくすみが気になったり、ハリもなくなったように感じませんか?ハリはコラーゲンの減少や、エラスチンの変形で弾力を失うことが原因と言われています。
肌が乾燥することや、紫外線や活性酸素、生活習慣や喫煙習慣が要因だそうですが、誰でも起こる立派なエイジングサインとも言えるでしょう。

逆に肌のハリ(弾力)や(うるおい)があれば、若々しく美肌の条件を満たしていることになりますよね。

紫外線対策や、保湿ケアは必須ですが、なかなか思うように効果を実感出来てない人も多いでしょう。

そんな時は、ツヤタイプの化粧下地を使うことで潤いのある肌を簡単に実現できるでしょう。

肌ツヤメイクは下地で差をつけよう!

肌にツヤを演出したツヤ肌メイクと、漆器肌と呼ばれるマット肌メイクではどう違うか比べてみました。

マット肌メイク

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、クローズアップ、テキスト

ツヤ肌メイク

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト、クローズアップ

”艶玉”のような輝きが自然と出来ているのが、ツヤ肌メイクを施した特徴です。マット肌メイクは落ち着いた印書を与えることが出来ますがアンチエイジング効果はあまり感じられません。
反対にツヤ肌メイクは活発な印象を与えることが来ます。また下地を塗っているだけなのに、透明感もあり自然に光を反射して肌ツヤが良く見えませんか?

これだけの違いなのに、肌の印象が全く違いって見えますよね。30代ママには誰でも簡単に若々しい肌になれちゃうツヤ肌メイクがとてもぴったりなんです!

潤い漂う艶のある人へ!ツヤ肌メイク3つのコツ

艶っぽ美肌メイクの3つのコツを抑えて、より自然なツヤ肌メイクをマスターしましょう。

  1. 艶下地は付け過ぎない
    ツヤのある下地は”適量”をつけます。付け過ぎるとべたつきや不自然なツヤになりますので注意。顔のすみずみまでムラにならないように馴染ませましょう。
  2. ファンデーションは厚塗りしない
    ツヤあり下地を生かすために、ファンデーションは厚塗りしないように気をつけましょう。また、厚塗りすることで化粧が崩れやすくなる原因に。また、ツヤ肌メイクようのファンデーションやリキッドファンデーションを使うことがより、自然な潤い美肌を完成させることが出来ます。
  3. ルースパウダーやお粉は軽くつける
    仕上げ用パウダーはメイクの持ちを良くする効果が期待出来ます。かと言って付け過ぎては、粉っぽくなり化粧浮きが気になるので軽くつけるのがマスト。

スキンケアでは、思ったより時間もかかり肌ツヤの良い美肌を造り出すまでに少々苦労がありますよね。
メイクは大人の女性の最低限のマナーとも言われていますし、自分の理想の肌を演出することも簡単に出来ます。ツヤありの下地を使えば、誰でも即ツヤ肌に変身することが出来ちゃうので、ぜひチャレンジしてみましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ