くすみが驚くほど改善。hanaオーガニックトライアルセットの感想はこちら

毛穴レスメイクが完成するブラシを使ったファンデーションの塗り方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと昔前まで、ファンデーションはパフやスポンジを使って塗るのが一般的でしたが、最近はブラシを使ってファンデーションを塗る方法がありますよね。

私は、パウダーファンデーションを愛用しているので、専らブラシファンデーションを塗っているのですが、ブラシを使ったほうが、パフよりも毛穴をキレイにカバー出来ているように感じます。

今回は、ベースメイクでブラシを使うことにどんなメリットがあるのか、リサーチしてみました。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒人気ブログランキングへ

ブラシでファンデーションを使うメリット

「コスメ」「チーク」「メイク」「メイクブラシ」「リップグロス」「口紅」などがテーマのフリー写真画像

今まで付属のパフを使ったり、リキッドなら手塗りの人も多かったでしょう。しかし、ちょっと前にテレビで歯ブラシ型のブラシが紹介されてから、ファンデーションはブラシで塗る派にチェンジした人もいるはずです。

ブラシにも種類があるので、自分のお気に入りを探すのも楽しそう。
ですが、ブラシを使ってファンデーションを塗ることでどんな効果があるのかわからない人は、使い始めることも出来ませんよね。

毛穴レスな美肌に

手やパフでは毛穴を埋めるようにファンデーションを載せてしまうのですが、ブラシを使うと毛穴の中にファンデーションを落とし込むように載せることが出来るので、毛穴レス美肌が完成します。

初心者でも美肌に

初めてファンデーションを塗るときにスポンジを使ったり、手塗りの場合では、顔全体を均一に塗ることが難しいことがあります。

見えずらい首元に固まって付いてしまっていたり、完璧だと思っていても案外ムラが出来てしまうんですが、ブラシを使うことで、余分なファンデーションを肌に残すことが無くなります。

肌への負担軽減に

以前、シミの原因に摩擦が関係していることを記事にしたことがあります。詳しくはこちらをご覧ください⇒小じわの改善策はスキンケアと日頃の癖を直すことにあり

顔の皮膚はとてもデリケートで、ファンデーションを塗るときの、パフやスポンジ、手の摩擦によって肌に負担を掛けているんです。ブラシの繊細な毛先でメイクをすることで、その負担を減らすことが出来るのです。

そして、私的にブラシを使ってファンデーションを塗ることで、実感するメリットをまとめてみました。

・厚塗り感がなく、軽いつけ心地

・リキッドなどもムラになりにくい

・手やパフよりブラシのほうがファンデが毛穴に入り込みやすく毛穴を自然にカバー出来る

・微粒子パウダーをムラなく塗れるので自然なツヤを演出しやすい

私は、普段からブラシでファンデーションを塗っているのですが、以前、パフでファンデーションを塗った際、主人から「今日、化粧濃くない?」と言われてしまったことがあります。

それからは、ばっりちメイクをするときだけパフを使うようになりました。

ファンデーションメイク毛穴レスブラシ

大きいブラシで顔全体を塗り、小さいブラシはツヤをプラスしたい箇所で使っています。

ブラシを使ってファンデーションを塗るときのコツ

ブラシファンデーション毛穴レスメイク

ブラシメイクの魅力が伝わってでしょうか?早速、ブラシを取り入れてファンデーションを塗ってみましょう。まずは、自分の使っているファンデーションと、ブラシの相性を考慮した上でブラシ選ぶことが大事。

mama
 リキッドファンデーション・パウダーファンデーションの両方に使える、筆先が平らになっているブラシなら、使いやすく初心者にもおすすめ。

パウダーファンデーションを塗るときのコツ

パウダーファンデーションの上で、クルクルと筆を回して軽く含ませます。

まずは頬に、軽くファンデーションをのせます。目の下や額、眉間はブラシを左右に動かしながら塗っていきます。

小鼻の周りは、筆を小さく回転させて細かく塗ってみましょう。フェイスラインは、ブラシを軽く持ち、顔の外側に向かってなじませます。

リキッドファンデーションを塗るときのコツ

頬の部分に、直接リキッドファンデーションをおき、ブラシで頬に軽くタッチしながら、ブラシの表面にリキッドファンデーションをとっていきます。

この後はパウダーファンデーションを使う場合と同じで、軽くタッチするように頬など顔の内側から外側に向かって広げていきます。トントンと広げ、肌に馴染んできたら、細か部分は滑らせるように載せましょう。

始めのうちは、ちょっと戸惑ってしまうことがあると思いますが、慣れてしまうと手も汚れませんし、均一に肌に馴染んでいるファンデーションの仕上がりに夢中になること間違いなしです。私は、アラサーから美人度は肌で決まると言っても過言ではないと信じています。

ぜひブラシをマスターして、美肌メイクをもっと極めてみましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒人気ブログランキングへ