インナードライとは?市販の洗顔料から見直し脱・インナードライ肌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テカリに悩む女性なかに、インナードライ肌の持ち主がいます。

脂性肌タイプかと勘違いされ、さっぱり系のスキンケアのアドバイスをされることが多いのですが、実はそれがインナードライ肌を悪化させてしまうことに繋がるでしょう。

インナードライ肌の方の多くが、市販されているスクラブ入り洗顔や火山灰を配合した洗顔料を使っています。

でも、それは大きな間違い。まずは洗顔料の見直しが必要だったんです。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

インナードライ肌とは?

インナードライ肌に市販の洗顔料がNG

まずは、インナードライ肌の特徴をまとめてみました。

イチゴ鼻や顔のテカリに悩む女性は、汚れのよく取れそうなスクラブ洗顔やクレイ、火山灰などの洗顔料を使いがち。

市販されている洗顔料は、ただでさえ洗浄力が強いのに、より汚れを吸着するような成分を配合した商品ばかりです。

強力な洗顔料で、肌に必要な皮脂や潤いまでごっそり奪ってしまうので、素肌はどんどん乾燥します。

そして、それを補おうとさらに皮脂が分泌されてしまうでしょう。

つまり、肌の中は乾燥しているのに、肌表面は脂ぎってテカリとして現れるのが「インナードライ肌」なんです。

市販の洗顔料でインナードライ肌に?

インナードライ肌は市販の洗顔料が原因

毛穴のつまりや、肌のごわつきが気になりだすと、つい手を出しがちなスクラブ・クレイなどの吸着系洗顔料。

その中でも、よく市販で見かける火山灰入りの洗顔料は、インナードライ肌を加速させてしまうのでお勧めできません。

火山灰の表面は、穴がたくさんあり、汚れを吸着出来るのは確かなのですが、火山灰は先がとがった構造をしているので、目に入ると網膜を傷つけるおそれがあるそうです。

また、洗浄力が強いので、乾燥肌の人はつっぱる原因になるでしょう。

もし、あなたが顔のテカリが気になるのに肌のツッパリを感じるようなら、もしかしたらインナードライ肌になっている可能性があるでしょう。
mamaは市販されている洗顔料を使うより、洗練された石けんで洗顔するほうが肌を健やかに保ち美肌へ導びいてくれると信じてます。機会があったら、洗顔料にこだわってみることもオススメです♡

あなたの肌は何タイプ?肌断食でわかるチェック方法→肌質チェックの正しい方法

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ