エトヴォスファンデーション

肌トラブルと無縁になれたmamaの体験談⇒etvosミネファンデーションスターターキットのレビュー

化粧水の使い方合っている?乳液の馴染みを良くする化粧水の正しい使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スキンケアの中でも基本中の基本と言えるのが、化粧水ですよね。

でも、化粧水をたっぷり使って肌を潤そうと思っている人が多く、実は本来の化粧水の目的とは少々異なったイメージが定着しています。

「肌の奥までぐんぐん浸透する」「しっとりした潤いを」「モチモチの美肌になれる」など広告の影響が、誤解を招いているのではないでしょうか?

実は化粧水は、その後使う乳液やクリーム等の保湿効果を高めるブースターだと言えるのです。

今回は、そんな化粧水本来の使い方に着目してみました。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

化粧水=保湿は大間違い

化粧水で肌の保湿潤い

大前提として、化粧水をバシャバシャと肌に叩きつけていても肌が潤いだすようなことはないんです。

これを知らない人は、化粧水を何度も肌に塗布したり、コットンにヒタヒタに染み込ませパックをしていたり…

実は、私も以前は美容部員の先輩から教えてもらったコットンパックをしていました。

ですが、化粧水の使用量を増やしたから保湿効果が増して、モチモチ肌になれるわけでないことを知ってからは、そんな勿体ないことは辞めました。

化粧水はブースターのような使い方をするコト!

化粧水の本来の目的は、水分補給とその後に使う、乳液やクリーム、オイルなどをまんべんなく塗れるように肌全体を整えることにあります。

化粧水は、肌の表面(表皮の1番上の角質層)までしか潤わすことが出来ません。

「ぐんぐん浸透」など誤解を招く過大な宣伝文句にも問題を感じますが、正しい知識を身につけましょう。

正しい使い方。化粧水→乳液で保湿

化粧水で肌の保湿潤い効果はない

クレンジングをした後の肌は、油分や水分量が減り、角質の水分が蒸発しやすくなっています。

ここへ化粧水をつけることで、元の水分量に戻るだけの原理。

ですから、化粧水をつければつけるほど肌に水分が浸透するかというと、そんなことないでしょう。

水分量を整えるのが化粧水

化粧水をつけて、水分量を整えることが役目であり、保湿力を高めて肌を保護するのが油分で出来ている乳液やクリーム、美容液になるのです。

化粧水は、乳液やクリームなどを塗った時の摩擦をなくす効果に一役買っているというわけ。

そして、角質を柔軟にする効果が期待できるため、化粧水をつけた場合では、付けない場合に比べ乳液やクリームの浸透を良くし、保湿効果がアップします。

化粧水はもちろん美肌のためにとても重要なアイテムですが、化粧水だけで保湿が完了すると思うのは間違いです。
ですから、化粧水で保湿することは出来ないので、使用時もたっぷり使うのではなく、手のひらを使って顔に軽く抑えるようにつけるだけで十分と言えるでしょう!正しい認識と、使い方を知れば今まで無駄にしてきた化粧水代の節約にもつながるかもしれませんね^^

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ