シミから守る抗酸化作用のある化粧品で目指せエイジングレス美肌

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミやシワの原因となる活性酸素はアラサー女性の敵。最近では、そんな活性酸素を除去する「抗酸化作用のある化粧品」がたくさん発売されているそうです。

これからエイジングレス美肌を目指すなら、化粧品に含まれる抗酸化作用成分をチェックしておくことを勧めます。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ

抗酸化力の低下

化粧ノリを気にする女性

もともと、私たちには活性酸素を分解する、酵素や補酵素が備わっているのですが、この抗酸化力は歳と共に低下してしまうんだそう。

ですが、最近では活性酸素によるサビつきから肌を守るために、抗酸化力のある成分が配合された化粧品が開発されてきています。

これ以上の肌老化を食い止めるためにも、新しく抗酸化化粧品を取り入れてみると良いでしょう。

抗酸化作用のある化粧品に採用されている成分がこちらです。

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に吸収されやすい形にしたモノ。抗酸化作用の他に美白作用や抗炎症作用などがあります。

ナイアシン

肌代謝を活発にし、コラーゲンやセラミドの合成を高める働きがあります。

カテキン

お茶の成分として有名。抗酸化・老化防止作用とともに、美白・保湿・収れん・日焼け予防効果もあります。

アントシアニン

花や果実の色を作り出す元になっている成分で、抗酸化力が高いと言われています。

レスベラトロール

ブドウの皮などに含まれているポリフェノールの1種。活性酸素を除去し、美白効果やシワ改善効果をもたらします。

アスタキサンチン

魚介類に含まれている赤い色素の栄養素で、とくに熱帯魚や甲殻類に多く存在しています。強い日差しから組織や細胞を守り、抗酸化力が非常に高く、美白のほかコラーゲンの生成を助ける効果があります。

油溶性甘草エキス

まめ科の多年草に含まれている成分。強い抗酸化作用があり、メラニンの生成抑制、美白効果があります。抗炎症作用もあることから、のどの痛みなどのも有効と言われています。

オウゴンエキス

シソ科の植物の根から抽出したエキス。消炎・収れん・保湿、抗酸化作用、日焼け予防効果、美白効果があります。

アラサーになると、肌からも年齢を実感しやすくなります。抗酸化力のある成分を配合してある化粧品を使って少しでも老化していく肌を止めることが出来たらうれしいですよね。
抗酸化化粧品は、シミやシワだけでなく、毛穴の開きなどエイジングサインが気になりだした肌にも効果が期待出来るので、コスメコーナーへ行った際はぜひチェックしてみましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ