下まぶたのくぼみがクマに見える。効果的な黒クマの対策とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下に出来たクマが黒く見えるのは、下まぶたの皮膚のコラーゲンが減ってしまい、たるみに変わった証拠。

たるんだ皮膚の下に出来るくぼみこそ、若いのにクマが出来たと感じる原因です。

それを美容業界では、通称黒クマと呼ぶんだそう。

今回はこの黒グマの効果的な対策をリサーチしてみました。

あなたの1クリックが美肌の源になります→にほんブログ村 美容ブログへ

コラーゲン不足がくぼみになりクマへと進化する

目の周辺や、目の下は皮膚が薄くデリケートなことは知っていますよね。

さらに下まぶたのコラーゲンが減ってくると、目の下の皮膚が薄くなり、たるみ易くなってしまうのです。

そのせいで、正面から見た時や、うつむき加減の顔をすると皮膚のたるみが黒い陰になってしまうことが原因。

黒クマの改善法

もちろん皮膚のたるみを解消することが、黒グマの効果的な解消方法と言えます。

有効な美容成分は、コラーゲンとレチノール。

コラーゲンの美容成分を詳しく書いているのがこちらの記事です→コラーゲンの顔のたるみ予防。ハリのある肌で美肌ママへ

レチノールは、コラーゲンを増やす効果があるので、より積極的に取り入れることがお勧めだと思います。

くぼみにはレチノール配合美容が効果的

レチノールはビタミンAの一種で、繊維芽細胞を活性化し、コラーゲンを増やす作用が期待できるそう。

また、肌のターンオーバーの促進や保湿効果があり、コラーゲンを取り込み浸透しやすくする働きも持っています。

なので、レチノールの配合された美容液やクリームで毎日お手入れすることが、黒グマの解消に効果的と言えるでしょう。

プラスのケアとして、ピーリングで角質を除去することで、コラーゲンの生産機能もアップするらしいです。

でも、目元は過剰なケアによってしわなどのエイジングサインが出やすいので、過剰なピーリングは避けるほうが良いと私は思います。

レチノールの弱点を知って効果的に対策を!

実は、レチノールは紫外線に当たると効果が弱まるというデメリットがあると言うことなので、レチノールが配合されている化粧品やスキンケアは夜使うことがお勧めなんです。

クリームや美容液は、寝る前に使用したほうが、効率をあげてたるみがケア出来るでしょう。

黒グマをコンシーラーでカバーする方法などが紹介されていますが、私はそれはいかがなものかと感じます。

たるみの生じた皮膚に対して、コンシーラーで厚塗りをすることは化粧寄れが目立ちやすく、より目の下のたるみが強調されてしまうように感じませんか?

黒グマに行う効果的な解消法は、やはりそもそものコラーゲン不足を補うことから始めるのが生き生きした目元を呼び覚ます近道だと、私は思いました。

あなたの1クリックが美肌の源になります→にほんブログ村 美容ブログへ

鮭の皮を使ったサーモンコラーゲンサプリよりゼリーを摂取してみた

内側から濃厚な弾力肌に♡mamaの体験談⇒サーモンコラーゲンゼリーのレビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする