肌のくすみは化粧品以外にも改善方法があった。おすすめはダブルのアプローチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

くすみは、化粧品やマッサージをすることで改善を期待できますよね。

マッサージでくすみをケアしたい人はこちらを参考にしてください→たるみ解消マッサージでくすみも改善しよう。

また、くすみに効果的なスキンケアを、取り入れることで肌に透明感を出すことも出来ます。

ただし、今回は内側からくすみを改善出来る、おすすめの方法があったので紹介します。

たった14日間で肌に透明感が宿った。mamaのスキンケア体験談はこちら⇒hanaオーガニックトライアルセット のレビュー

肌のくすみの改善は血行促進がカギ

『美容』のフリー写真画像[ID:4960]

”くすみ”には定義がないことを知っていますか?ですから、自分が鏡を見た時に肌の色ツヤが悪いと感じる=くすみになるのです。

そして、くすみに最も影響を及ぼしているのは、血流と言われているそう。

血行が滞り、肌のターンオーバーがうまく機能しないことで、古い角質が剥がれず残ってしまったり、ごわついたりします。

また、日焼けなどによって出来たメラニンが排出できずにいることで、肌がくすんだ印象になるでしょう。

さらに、肌の糖化もくすみの原因になるのです。

糖化について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください→体内コラーゲンがもろくなる「糖化」対策とは

くすみも立派なエイジングサインの1つとなるので、しっかりケアして改善を試みてみましょう。

ターンオーバーを整える生活とは

くすみのキーワードであるターンオーバーは、自然と毎日行われているものなので、根本的に解決しようと思ったら普段から血行をよくする生活を送る必要があります。

血行を良くする生活とは具体的に「自律神経を整える生活」を指します。

夜の過ごしかたは、特に美肌を作る時間にも影響を与えるため、少なくとも就寝の1時間前はリラックス出来る過ごし方を心掛けてみましょう。

化粧品以外で出来るくすみにおすすめな方法

『女性・女の子』のフリー写真画像[ID:7774]

就寝前の1時間をゆっくり過ごせるくらい、余裕のある生活に憧れてしまうmamaですが、きっと多くの女性が仕事と子育てに追われ、スキンケアだって、ままならない生活をしているでしょう。

そんな人に、深呼吸がオススメなんです。

朝起きた時や就寝前、ベッド上で深呼吸を行ってみましょう。

まずは、5秒で鼻からゆっくり息を吸い、そのまま5秒間息を止めます。最後に、5秒間を使いゆっくり息を吐いていきましょう。

これが誰にでも出来る、自律神経改善に役立つ方法です。

1日2回深呼吸するだけで、くすみのない美肌に近づけるなら、やってみたいと思いませんか?この方法なら、子供を寝かしつけた後や朝食の前の慌ただしい時間を削ることなく、透明肌を手に入れることが出来るはずです。スキンケアと同時に深呼吸も取り入れてみるのはいかがでしょう^^

たった14日間で肌に透明感が宿った。mamaのスキンケア体験談はこちら⇒hanaオーガニックトライアルセット のレビュー