化粧品の口コミサイトから卒業。自分の肌にあった化粧品の選び方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

化粧品やスキンケア、気になるものを見つけると、とりあえず口コミをチェックしていませんか?

人気が高いから、使ってみると案外しっくりこないことがあります。

それは、あなたの肌と相性のいい化粧品を選ぶことが出来なかったから。

ということで、今回は毎回口コミサイトで失敗してしまう女性に向け、自分の肌に合う化粧品の選びのポイントをリサーチしてみました。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

”口コミサイト=高品質”はNG!化粧品を選ぶ5つのポイント

『美容』のフリー写真画像[ID:5001]

口コミで人気が高かったり、友人の数人が使っていたり、売れている注目商品だったり、化粧品を選ぶときあなたは何を参考にしていますか?

きっと、多くの人は周囲の影響で化粧品を選んでいることでしょう。でも、それではあなたの肌との相性を考慮出来ていません。

特にスキンケア化粧品やファンデーションを選ぶ際は、肌質が重要で選定基準は大きく変わってくるのです。

本当に自分に合った化粧品を見つけるためには、これから紹介する5つのポイントを参考にしてみましょう。

サイトではなく、自分の肌質で選ぶこと

ここでいう肌質とは、普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌の4つです。

まずは自分の肌タイプがどれに当たるのかを知ってから、化粧品を選びましょう。

カウンセリングをしてみる

上記は簡単に4つのタイプでしか判断出来ませんし、自己判断ではそれが正しいかどうかも少々不安が残りますよね。

もっと詳しく、肌の状態を知るためにカウンセリングやプロによる肌診断をしてもらうこともオススメです。

美容部員さんが、丁寧に肌の状態を見てくれるサービスを行っているデパートなら、無料で自分肌をチェック出来ちゃいます^^

値段で選ぶのはもったいない

高価な化粧品だから良い、安い化粧品だから悪いと決めつけるのは損。最低いくらまでの化粧品なら美容効果があるのかまとめた記事がこちら→スキンケアや化粧品は激安でOK?化粧品の値段をケチると危険なワケ

大事なのは”自分の肌に合うか合わないか”です。高価なスキンケアを買っても合わなければもったいないだけ。

化粧品の成分で選ぶ

配合成分はとても大事だと感じます。人は大丈夫でも、自分の肌には刺激が強すぎることがあったり肌トラブルの原因になる成分もあります。

界面活性剤や防腐剤、タール色素、着色料などは皮膚刺激症状を起こしやすい成分なので、敏感肌やトラブルが起こっている肌に使用するのは避けるほうが良いでしょう。

また、天然美容成分だから安心とも限らず、アレルギー反応を起こすこともありますから、まずは、トライアルを試して肌の様子を見てみましょう。

私はトライアルセットを愛用しています→敏感肌の私は肌荒れ防止のため化粧品サンプルを活用中

季節で化粧品を変える

実は、化粧品やスキンケアを使用する季節によっても使い分けることで、肌と上手に付き合っていくことも出来ます。

乾燥する季節は、今までよりモイスチャータイプに変更するなど工夫するだけで、今まで崩れやすかった肌バランスが整うこともあります。

ただし、頻繁に変えてしまうと本来の肌タイプがわからなくなってしまうので、気を付けましょう。

今、どんな肌状態なのかそれを知ったうえで、最低限のサポートをするような化粧品を取り入れることが大事です。

今まで口コミを参考にしてきた私は、いくつもの無駄を繰り返してきました。もちろん、そのすべてが悪いモノではないですし、新しい化粧品との出会いにもなったのでデメリットばかりとは言いません。
でも、口コミや人気な商品ばかりを使うのではなく、まずは自分の肌に合った化粧品を使うことが美肌への近道だと感じます!

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ