目の下に出来た小じわの対策は、基礎化粧品と日頃の癖を見直そう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふいに写メを撮られ、その画像を見ると笑った顔の目の下小じわが出来ていたんです…口元や目元はエイジングサインが出やすいから今からしっかりケアしないと、大じわになってしまうんだそう。今回は、私が実践している基礎化粧品だけで終わらない、目元の目の下の小じわ対策を紹介します。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ

目の下に出来る大じわと小じわの違い

ニキビができて悲しい表情の若い女性

シワには2種類あって、皮膚表面の細かい線のように見える皮溝が、年齢を重ねると共に深くなったモノを大じわと言い、小じわは目の周りなどにでき、主に肌の乾燥が原因です。

しかも、目元の小じわは早めにケアをしないと大じわへと発展してしまう可能性があるんだそう。

目の下・目元の小じわの対策 基礎化粧品編

『美容』のフリー写真画像[ID:3654]

「小じわから大じわにさせてなるものか」
女性なら、出来る限りシワを増やしたくないですよね。スキンケアでシワ対策をする方法はもちろん、日頃から気をつけるべきことがあります。

保湿以外の専用クリーム

目元は特に皮膚が薄く、乾燥もしやすい箇所です。化粧水や乳液を使って保湿は当たり前ですが、特に保湿効果に優れている目元専用の美容液などを使って優しくケアしてあげることが小じわ対策に。

乾燥小じわ対策のクリームやシートマスクも市販で手軽に購入することが出来る便利アイテムです。

マッサージは適度に

血行促進して肌を生き生きとさせるマッサージは、とにかく摩擦が怖いので、力の入れすぎやクリームを使って肌に負担を掛けないようにします。

目の下・目元のクレンジング

アイラインやマスカラなどウォータープルーフを使っていると、ついゴシゴシ擦ってしまいがちですが、それも乾燥や摩擦の原因になります。落としやすいコスメに変えるか、専用リムーバーを使うことがオススメです。

目の下・目元の小じわ対策 日頃のケア編

『美容』のフリー写真画像[ID:3598]

目元の小じわにはスキンケアだけでなく、さらに日頃の心掛けも重要になります。簡単に出来る日常のケア対策がこちら。

紫外線対策

紫外線ダメージの1番のデメリットは、シミ以外に肌を乾燥させることにあります。紫外線はとにかく肌を老化させる最大の敵なので、しっかり日焼け止め等で予防をしましょう。

紫外線カット率が高いモノはその分、洗浄力の強いクレンジングが必要なので、出来るだけ刺激の少ない日焼け止めをこまめに塗るようにしています。パウダータイプで化粧の上から使えるモノがおすすめ♡

洗顔後など拭き取り

洗顔後や入浴後にタオルで拭くときも、摩擦を掛けないように心掛けることで、肌を傷つける回数が減ります。とても細かいことですが、毎日行う習慣の中にシワを増やす原因が潜んでいるんです。私は、出来るだけふわふわの柔らかいタオルで、ポンポンと叩くような感じで水分を拭き取っています。

目をこすらない

うつ伏せで寝ていたり、癖で目を掻いていることがありませんか?

案外、そんな些細なことで摩擦を与えているんです。あまり気にせず行っている習慣をみなすことも小じわの予防策に繋がるでしょう。

大人の女性ならスキンケアはしっかり行っているはずです。でも、日頃の癖や習慣まで見直す人はいないはず。だた、小じわを増やさないことがこれから出来る大じわを1つでも減らすことに繋がるので、ぜひ日常の何気ないことから改善してみましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ

コメント

  1. […] 以前、シミの原因に摩擦が関係していることを記事にしたことがあります。詳しくはこちらをご覧ください⇒小じわの改善策はスキンケアと日頃の癖を直すことにあり […]