ニキビの赤みを早く消すことが跡にしないコツ!赤みを早く消す方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大きなニキビが出来たらニキビ跡になると思っていませんか?

実は、ニキビ跡が残ってしまうのは赤みを帯びた痛々しい炎症のせい。

出来てしまったものはしょうがないので、なるべく跡に残さないよう早くニキビの赤みを消すことが、美肌を取り戻すためには重要になってくるのです。

と言うことで、今回は赤みのあるニキビを消す方法をリサーチしてみました。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

二キビ跡になるニキビは3種類

ニキビ跡ケア

まずニキビ跡には、大きく分けて3種類あることを知っていますか?

ひとつは窪んで陥凹(かんおう)したタイプ、もうひとつは隆起したタイプ、そしてニキビが完全に消えずにシミのように残ってしまったタイプがあるのです。

シミになるタイプのニキビケア方法

シミのようになったニキビ跡は一時的なメラニン反応の名残なので、ターンオーバーを繰り返すことで少しづつ薄くなるでしょう。

なので、基本的に特別なケアをする必要はありません。

でも、少しでも早く治したいと思うなら、皮膚科での治療やビタミンⅭ、Eを処方してもらうなどをしましょう。

陥凹・隆起したタイプのニキビケア方法

シミになるタイプのニキビと違い、塗り薬で治すことが出来ないのが陥凹・隆起したタイプのニキビにはきちんとしたケアをすることが跡を残さない秘訣です。

最近では、通常より強いピーリング剤を使用したケミカルピーリングや、フラクショナルレーザー・ダイオードレーザーと言ったレーザー治療を保険外治療で行っているクリニックもあるでそうなので検討してみましょう。

ストップ!ニキビ跡 赤みを消す正しい方法

♕ さんによる画像

まず、ニキビ跡を作らないためには、ニキビをつくらない習慣が大事です。

でも、どうしても体質によってはニキビが出来易い人もいるでしょう。

そんな時は、いかに炎症を早い段階で治すかがカギとなるんです。

市販の洗顔料や自然治癒を期待し放置するなどニキビを自己流で治そうとすることは、美肌から遠のく行為。

もし、大きなニキビが出来てしまったらいち早く皮膚科へ行き、正しいケアをすることがニキビ跡を残さない秘訣になるでしょう。

実は、ニキビを治すために皮膚科へ行く女性は少なく化粧品を使って対処しようとする人が多いのですが、スキンケアにはニキビと相性が悪いモノが多く含まれている場合があります。
美容部員のころは、ニキビケアに効果的なスキンケア等を紹介していましたが、今ならちょっとでも気になるニキビが出来ている人を発見したら、自信をもって専門科医の受診を勧めちゃうでしょう^^

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ