エトヴォスファンデーション

肌トラブルと無縁になれたmamaの体験談⇒etvosミネファンデーションスターターキットのレビュー

保湿=美容オイルは不正解。美容オイルの正しい認識と使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保湿効果を狙って美容オイルを使うのは間違いではないのですが、付け過ぎると肌トラブルを後押しするこになってしまいます。

美容オイルの正しい使い方や選び方、肌の乾燥を上手にケアする方法を紹介します。

美容オイルの効果

肌の角質細胞間を埋めている角質細胞間脂質と呼ばれている脂質には、細胞を守る役割があります。

この細胞間脂質がダメージを受けている状態だと、いくら化粧水や乳液で保湿をしても水分はどんどん蒸発しちゃいますよね。

美容オイルを使うことで、細胞間脂質に馴染みやすく肌バリア機能を高めることが出来るんです。

また、オイルは細胞間脂質の乱れを抑える効果があり乾燥肌の方だけでなく、脂性肌の方もおすすめと言われているんです。

「やっぱり美容オイルで保湿が出来るんでしょ?」というのは不正解になります。

美容オイルはいわば保護剤の役目が大半となり、保湿とは異なった成分。肌の角質層を覆っている皮脂の代わりとなるモノですから、化粧水の後の美容オイルは水分を逃がさないように蓋をしたという事になります。

乾燥が気になる肌のためにオイルを使っても、残念ながら肌の水分量は増やせないでしょう。

油脂の美肌効果

後で詳しく紹介しますが、美容オイルでオススメなのが油脂系オイル。植物や動物が生成するオイルで、美肌効果が高く注目されています。

そんな油脂系オイルのメリットがこちら

  • アンチエイジング効果
  • ごわつきを抑え滑らか肌へ
  • 無添加成分で優しく肌を保護
  • 全身に使える

美容オイルの付け過ぎで乾燥肌に 美容オイルの使い方

乾燥肌の女性はオイルケアをしている人が多いんです。でも、油分を外的に補うことで肌本来の皮脂分泌は減少しちゃいますよね。

そうすると、オイルで肌表面はテカテカしているのに肌の内部は乾燥する”インナードライ肌”の原因になってしまうんです。

美容液は乾燥する時期か、化粧水の後に1・2滴程度を馴染ませるだけで十分。付け過ぎは勿体無いどころか返って肌トラブルの原因に繋がってしまうでしょう。

3種類の美容オイルの違いを知ろう

私たちの身近にある代表的なオイルは3種類に分けることが出来ます。それぞれのオイルの違いをマスターして正しオイル選びをしましょう。

炭化水素油

ベビーオイル・ワセリンなどが有名ですが、肌に直接塗ると乾燥の原因になります。乳液を塗った後に使うようにしましょう。

エステルオイル

ホホバ油は美容オイルとして知名度が高く、安定性や肌の保護膜としても優秀です。ただし、上記で説明したように保護的要素が強く保湿力はありません。

油脂

オリーブ油・馬油・椿油などが有名。動植物が生成するオイルで人の肌との相性がよく、最近では保湿作用が期待出来ると注目されています。肌なじみが良いの使いやすく、肌を軟化してくれます。だたし、肌の上で分解して刺激になったりニキビの原因になることもあるので使用量には注意が必要。

美容オイルの上手な使い方

今までの話では、デメリットが多いように感じてしまいますが、使い方さえマスターしてしまえば活用法がたくさんある美容オイル。

まさに一家に1本の万能オイルと言っても過言ではないんですよ。

美容オイルの活用法がこちら

  • 化粧水の後に肌の保護剤として使う
  • 乳液に混ぜて保護力アップ
  • リキッドファンデーションに混ぜるとノリが良くなる
  • 髪の保護(濡れた髪にトリートメントとして)
  • 肌の保護(マッサージ時に)
  • 手・爪の保護(ハンドクリームの代わりとして)

とにかく全身に使うことが出来ますし、油脂なら保湿と保護の2つの作用が期待できるので動き回る小さなお子さんの肌ケアにも向いています。

万能美容液として人気の高いオイルは、良質なものを選ぶことも大事です。添加物のない100%天然成分で出来た油脂オイルは高額ではありますが、肌への負担も少なく頭から足先まで使え重宝するでしょう。
上手な使い方をマスターして、スペシャルケアとして取り入れてみてはいかがでしょう!