オーガニックの意味とは?本物の国産オーガニック化粧品を選ぶコツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美意識の高い女性の中には”オーガニック”にこだわっている人も多いでしょう。

ただしコスメやスキンケアに記載されている「オーガニック成分配合」とか「オーガニック商品」に期待しすぎるのは危険!

正しいオーガニックの意味と、安心の国産オーガニックで作られた化粧品を選ぶコツを紹介します。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ

オーガニックの意味とは

「女性・女の子」「本」「部屋」などがテーマのフリー写真画像

そもそもオーガニック=安全のイメージだけが先走り、本来の意味を理解してない人がたくさんるのではないでしょうか?

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わずに野菜を育てる「有機農法」を指します。

ヨーロッパではオーガニックコスメと言えば有機栽培した植物から摂れる成分だけを使った化粧品のことになります。

さらに、認定機関も多数あり安心と信用が持てるのですが、日本にはそんな認定機関もオーガニックの定義もなんです。

大抵の人がオーガニックと聞くと、植物由来成分がたくさん入っている化粧品だと思うでしょうが実は、植物エキス1種類入れただけでオーガニックコスメと名乗っているモノがたくさんあることを覚えておくと役立つはず。

オーガニック化粧品でアレルギーの危険が!

スキンケアに限らず、オーガニック商品全般の芳香成分には刺激やアレルギー物質が含まれていることも。
以前、オーガニックで作られた石けんを使っていたのですが、その度くしゃみがしばらくくしゃみが止まらくなる症状が続き使用を辞めたことがあります。

私のアレルギー症状は軽かったから、使用を中止するだけで済みましたが、敏感肌の人では刺激が強すぎる等のリスクがあるでしょう。

天然香料と合成香料の違い

・天然香料

植物から抽出した芳香成分が入っている。天然の芳香成分には数十、数百の化学物質の複合体で、たくさんの物質が混ざっていることからアレルギーなどのリスクが高いです。

・合成香料

植物がもつ芳香成分から特定の化学物質だけを取り出したものやその成分を化学的に合成したものです。ひとつの物質なのでアレルギーのリスクは天然香料より低めと言われています。

国産オーガニック化粧品の見極め方

オーガニック

日本には、オーガニック認定機関が無いと言いました。ですから国産オーガニックを見極めるには成分の配合率を自分自身で確認することが正しいオーガニック商品が否かを決めるポイントとなるでしょう。

海外のオーガニック認定基準

日本でも購入することが出来るフランスのオーガニック認定をクリアした商品に付けられているのがこのECOCERT(エコサート)です。

COSMECO(エコロジーラベル)の基準
・完成品の95%が自然原料であること。(水含む)
・完成品の5%は化学原料で良い。
・完成品の5%は、オーガニックでなければならない。
・植物原料の50%は、オーガニックでなければならない。
・化学香料は使用不可。

アメリカのオーガニック認定マークがこちらのUSDAマークです。

・3年以上農薬・化学肥料を使っていない耕地で栽培された、オーガニック原料を使っていること。
・100%有機栽培で育てられた原料を使っている。
・水分と塩分を除き、重量ベースで95%以上がオーガニック原料を使っている。

オーストラリアのオーガニック認定マークがこちら。

・原料の95%以上がオーガニックな農作物で出来てる。
・残り5%も農作物でない天然の原料
・農作物はすべて遺伝子組み換えでないもの。

他にも各国でオーガニック認定の基準を厳しきく定めていることから、日本で発売されているスキンケアやコスメも95%以上がオーガニック成分で開発されているモノを選ぶことがおすすめ。

オーガニックが一概に悪いとは限りませんが、日本のオーガニック製品はあまり信用してはいけないという事がわかってもらえましたか?
でも、その反対に国産オーガニックに拘り作られた素晴らしいオーガニックスキンケア等も存在しています。正しい選び方をして美肌ママになりましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ