パックが肌荒れの原因に。美肌に逆効果”パックの真実”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまには肌を丁寧にケアしようと思いパックをしてみたら、何と数日後に吹き出物や肌荒れが起こってしまったんです。

あなたもこんな経験ありませんか?

美肌になるためにやったはずのパックが、一体なぜ肌トラブルになってしまったのでしょう。

パックをすれば美肌になれると思い込んでいたのですが、それは大きな間違いだったようです。
と言うことで、今回は美肌パックの真実についてまとめてみました。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

美肌パックで肌が荒れる原因とは?

顔パックする女性

ご褒美に、美肌パックをする女性は多いのではないでしょうか。私も、以前は週末には欠かさずパックをしていました。

ですが、ある時からパックをした数日後にニキビが出来たり、かゆみが出たりとマイナストラブルが起こっていることに気がついたのです…

保湿やキメと整えると言われている、パックですが実はその成分や使い方をしっかり把握して使わないと、肌トラブルの原因になってしまうでしょう。

パックで美肌から遠ざかる

美容に関心の強い女性なら、特にパックで美肌効果を得られると信じ実行しているでしょう。

ただし、最近は安価な商品が多く発売されています。安価ということは、それに含まれている成分はもちろん添加物も増えることになりますね。

市販されている1枚数十円レベルのものは、美容成分なんて極少量しか含まれていないことになります。

見た目は、美容成分がヒタヒタに染み込んでいるように見えますが、結局は水と化学物質の混ざったモノ。

肌に良いと言われている成分は、ほぼ含まれていないのが事実なんです。

パック放置事件

肌がうるおいを増すような錯覚から、ヒタヒタのパックを何分も放置している方は注意しましょう。

悪い成分による強い刺激のほうが、美容成分を上回り肌に負担をかける事になってしまうのです。

敏感肌やアトピー肌の女性は、1回パックしただけでも、肌荒れを起こすことがあるので注意しましょう。

さらに、乾いたパックを放置したままにすると、肌の潤いをパックが吸収し始めるため、逆に肌が乾燥してしまうことも…

くれぐれも、私のようにパックをしたまま爆睡しないように!

水分過剰で肌が弱まる

パックで肌が潤ったように感じるのは、その時だけって知ってましたか?

さらには、肌のバリア機能を司る”角質層”は、水分を含みすぎると弱まる性質があります。

頻繁にパックすることで、肌がふやけた状態になり角質層のバリアが弱まってしまい肌トラブルの原因にも。

頻繁なパックを控え、多くても週1回までで長時間の使用は避けましょう。

「毎日使えて○○○円の美白パック」と書かれていると、つい興味が沸きますよね。安価なパックを使えば、より多く特別ケアが出来るから魅力に感じますが、それは罠。
本当に美容成分がたっぷり含まれた、パックは一握りなのかもしれません。パックにお金をかけるなら、毎日使うスキンケアをグレードアップするほうが良いと感じました。

ということで、私はパックを卒業したのです!

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ