スキンケアや化粧品は激安でOK?化粧品の値段をケチると危険なワケ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日使うスキンケアは消耗品ですから節約しているママが多いはず。でも、化粧水や乳液、さらにはクレンジングや化粧品等すべて1000円以下で揃えていませんか?”激安コスメ・プチプラでも優秀”なんて値段ばかりを気にしていると、いつか痛い目に合いますよ…

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ

値段を抑えた化粧品は低グレードな成分で出来ている

タオルと乳液ボトル

今や100均でもアイシャドウや化粧水などが売らていますし、巷ではネイルポリッシュなどのちょっとしたおしゃれアイテムは100均で十分揃えることが可能な時代です。

実は、ドラックストアで売られているような安いヒアルロン酸入りの美容液って案外簡単に作ることが出来ちゃうんです。

安い化粧品なら1000円前後、高い化粧品になると1万以上するモノもたくさんあります。ブランドやメーカーによってこれだけ大きな差が出るのは、化粧品に使われている成分の品質に開きがあるから。

実は、スキンケア商品や化粧品などに採用される成分にもしっかりグレードが存在します。値段の安いモノはそれなりに低いグレードの成分を使っているので、激安商品として店頭にたくさん陳列するでしょう。

激安スキンケアや化粧品には「安くてもそれなりの美容成分が含まれてるからOKなんだよね?」などと勘違いはしないでください。

値段の安さにはそれなりのデメリットが隠れているんです。

激安スキンケア&化粧品=チープな仕上がり

値段の安い商品についてくる大きなデメリットは”刺激のある不純物”と言えます。

美容オイルで有名なホホバオイルを例えにしてみましょう。

天然成分100%のホホバオイルは50mlで4000円以上が相場になりますが、某有名店で売られているホホバオイルは100mlで2200円。倍の内容量なのに価格は激安なんです。

これは、有名店のホホバオイルは純度がとても低く低グレードのホホバオイルを商品化しているからと言えるでしょう。

もちろん不純物は肌へ負担を掛けるモノですし、有害な物質や刺激の強い成分も存在します。以前、100均で売られていたネイルポリッシュから”ホルムアルデヒド”が検出されたことが問題となりました。

ホルムアルデヒドの人体への影響
人体へは、濃度によって粘膜への刺激性を中心とした急性毒性があり、蒸気は呼吸器系、目、のどなどの炎症を引き起こす。皮膚や目などが水溶液に接触した場合は、激しい刺激を受け、炎症を生ずる。https://ja.wikipedia.org

スキンケアや化粧品は毎日使うモノですし、肌に直接触れるモノですから値段だけで購入を決めてしまうのは危険と言えるのでしょう!

スキンケアや化粧品の適正価格は?

「じゃあ、高い化粧品やスキンケアなら安心なの?」と疑問になると思いますが、それも一概に高いモノ=良質とは言いきれないんです。

実は5000円の化粧水と1万円の化粧水では、品質にさほど違いはないんだとか。この値段の開きは宣伝費用やパッケージ・ブランド価格が加わっただけ。
5000円のスキンケアから2万以上のスキンケアにランクアップしてもさほど効果面では変化を感じることがないと言えます。

100円から1000円未満の商品はもってのほかですが、高いければ高いほど良い商品が手に入ると思ってしまうもの間違いです。
1番は1000円以上5000円以内の価格帯からスキンケアや化粧品を購入することが、賢い化粧品の選び方になってくるでしょう。

あなたは今、いくらのスキンケア商品を使っていますか?ドラックストアで数百円出したスキンケアでは効果を期待するのは諦めましょう…もっと言ってしまえば、効果がないだけならまだしも肌トラブルや健康被害にまで発展しては身も蓋もありません。出来ればもう少し良質なスキンケアを使ってみましょう。

また、高額なスキンケア商品に手を出している女性は、無駄遣いと言えます。ぼったくりから早く抜け出して、おいしいランチをした方が女性ホルモンを活性化出来るかもしれませんよ♪

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ