エトヴォスファンデーション

肌トラブルと無縁になれたmamaの体験談⇒etvosミネファンデーションスターターキットのレビュー

”酵素洗顔”を毎日しては絶対ダメ!酵素洗顔の正しい使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗顔には何をお使いでしょうか。石けんや洗顔フォームでは、なかなか落ちない肌の毛穴汚れまでキレイになると人気になった酵素洗顔毎日取り入れているママはやりすぎですよ!!

今日は、正しい酵素洗顔の使い方を紹介します。

酵素洗顔すると毛穴の黒ずみがピカピカに

両手にクレンジングの泡を持った女性

私はニキビ跡が酷い肌に悩み、以前ビューティーアドバイザーの方に相談した際”酵素洗顔”を勧められました。

実際、酵素とはどんなものか調べてみるとニキビ跡だけでなく、毛穴に詰まった黒ずみ、さらにはごわついた肌を整える効果があるんだそう。

ポツポツした毛穴の開きや、いちご鼻が気になる方は酵素洗顔を実践している人も多いはずです。

実際、酵素洗顔パウダーを使って洗顔した後は、肌がすべすべになりますしいちご鼻も洗顔前よりキレイになってように感じるので効果は絶大なんだと思います。

その効果に病みつきになり週に何度も酵素洗顔をしている人もいるでしょう。
「いちご鼻から解放されて肌も心もスッキリ♡」頻繁に酵素洗顔をしてしまうことで、肌に余計な負担を掛けてるんです!

酵素洗顔で肌まで分解・・・

「肌まで分解」なんて聞くとびっくりしますよね。
酵素を使った後は、肌がすべすべに変わります。あれだけ頑固な黒ずみも酵素を使うと比較的簡単にキレイにすることが出来るでしょう。酵素を使うだけで、なぜそんなにキレイにすることが可能なのでしょう?

酵素とは分解作用を持つ成分。皮膚の汚れは”タンパク質”なのでタンパク質分解酵素が入った洗顔料を使うことで、汚れ(毛穴の黒ずみ)が効果的に落ちるという仕組みなんです。

ところが、皮膚だけでなく私たちの肌もタンパク質なので酵素洗顔をすれば一緒に肌も分解していることに…

ここで初めて、ビューティーアドバイザーが私のニキビ跡に酵素を勧めてた理由が「ニキビ跡の肌を分解して新しい肌に生まれ変わらせる効果」を期待してだと判明しますよね。

ってことは、酵素洗顔をやり過ぎると肌の必要な機能まで溶かしていることに。頻繁な酵素洗顔で、肌のバリア機能をつかさどる「角質層」がどんどん薄くなってしまうでしょう。そして、肌トラブルへと繋がっていくんです。

酵素はアレルギー発症のおそれあり

実は、酵素のタンパク質にはアレルギー発症リスクがあるんです。数年前にお茶の石鹸でアレルギー被害が続出しましたが、それは小麦由来のタンパク質が原因と判明しました。

”パパイン酵素洗顔”に使われているパパインにも近年の研究によりアレルギーリスクが指摘されているそう。

毎日しちゃだめ。酵素洗顔の正しい使い方

美肌を守る洗顔の心得

という事で、酵素洗顔は洗浄力が強いので使用は多くても週1回程度に留めておきましょう。また、肌がもともと敏感な方や乾燥肌の方には酵素洗顔をオススメ出来ません。

ニキビが出来ている肌や、肌荒れが気になる場合は使用を控えましょう。

朝の洗顔には使わない

酵素によって肌がクリアになった状態では、昼間の紫外線や外的刺激が強すぎます。酵素で洗顔するのは夜にしましょう。

お湯でよく泡立てる

酵素はぬるま湯で活性化します。お湯でよく泡立てて肌を優しく包むように洗うことで、洗浄力の高い酵素を上手に使うことが出来るでしょう。長時間、肌に乗せておかないように注意します。

刺激が強いと感じたら

洗顔後の肌がヒリヒリしたり、かゆみを感じたら使用を中止しましょう。分解酵素があなたの肌に合っていないことが考えられます。肌のバリア機能が低下している時は避ける、顔全体に使用しない等を心がけましょう。

酵素パワーはダイエットでも話題になっていおり、幅広い女性の願いを叶えてくれる万能成分と言えますが、使い方を間違えるとそれは美容とは真逆の効果を発揮するアイテムとも言えますね。
私は、いつまでも消えそうにないニキビ跡になってしまった場合のみ酵素パウダーを使っていますが、確かにその即効性の効果はうれしいんです。

酵素は万能アイテムですから、上手に取り入れて美肌ママを目指しましょう!

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします⇒にほんブログ村 美容ブログへ