肌の糖化はシミやたるみ、老化の原因。今すぐ出来る糖化度チェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、糖化を防ぐための対策を紹介しているのですが、その前に自分がどれだけ糖化しやすい生活を送っているかチェックしてみませんか?

糖化対策が知りたい方はこちらをご覧ください→体内コラーゲンがもろくなる「糖化」対策とは?

今回は、老化シミの原因になってしまう糖化度を簡単にチェック出来る項目を紹介します。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

肌の老化を促進している糖化度をチェック!

肌の老化・しみに糖化

次のうち、あなたが当てはまるものはいくつあるでしょうか?

・早食いタイプ

・どんぶり系が好き

・朝食を抜くことが多い

・甘いもの、清涼飲料水が好き

・野菜はあまり食べない

・タバコを吸う、または過去に吸っていた

・体の関節が硬い

・お酒好き

・いびきをよくかく

・運動をしない

いくつにチェックが付きましたか?

mamaはなんと7個もあてはまってしまったのですが、実はこの項目で5つ以上心当たりがある方は、要注意レベルになるそう・・・

糖化は、心血管系病変やメタボ、アルツハイマー病などの疾患と関連があるともいわれており、お肌だけでなく体全体に悪影響があるんです。

また、女性の場合は不妊や更年期障害にも関係するそうで、糖化予防のために生活習慣の見直しをした方が良いでしょう。

肌老化は20代から始まっている

肌の老化・しみは糖化

シミや肌老化の原因になる糖化は、すでに20代から始まっていることが、分かっているんだそうです。

そして、最近は見た目の年齢は糖化に相関するという事実が明きからになりました。

糖化することでAGEという有害な老化物質を作り出すことになるのですが、AGEは1度作られるとなかなか排出されないという特徴があります。

と言うことは、気が付いていなかったけれど、20代から少しづつ確実にどんどん身体の中に蓄積されていたことに・・・

今からでも遅くない!肌老化を防ごう

もちろん20代のころから、早めにAGEを溜めにくい生活習慣を実戦する方が、そうでない方より見た目に大きな差が出てきます。

でも、30代だからと早々にあきらめるのではなく、今からでも出来る生活習慣の見直しがこれからの糖化を防ぐことが出来るでしょう。

糖化しずらい調理法

また、料理の腕も上がった30代なら、AGEを溜めにくい調理法がおすすめ。

それが、低温調理になります。

ゆでたり、蒸したりしたお肉やお魚を多く取り入れることが肌と体の糖化を予防することが出来るでしょう。

mamaはお酒が好きで、甘いモノが大好物です。太るから控えなきゃと思っていたけれど、これからは糖化予防のために、心を入れ替えて食生活を改善していこうと感じました。
そうすることで、体だけでなく美肌にも良いならチャレンジしてみる甲斐がありそうですよね^^

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ