日焼け止めサプリとクリームの併用で敏感肌な体を守れ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線は美肌の大敵です。

そんな紫外線対策として発売から人気を集め、話題となった飲む日焼け止めサプリを愛用している人も多いはず。

だたし、飲む日焼け止めサプリだけで、紫外線カットが完璧かと言うと実はそうではないのです。

今回は、美肌の宿敵”紫外線”を徹底的にカットしつつ、敏感肌を考慮した紫外線対策を紹介したいと思います。

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

日焼け止めクリーム・飲む日焼け止めの体に与えるデメリット

日焼け止めサプリでケア

紫外線はシミだけでなく、シワやたるみの原因にもなる美肌の敵。

しっかりした対策をしないと、今はキレイな肌でもいつか恐ろしい目に合うでしょう。(経験論)

一般的に日焼け止めをするときは、クリームやスプレーなどの塗るタイプが基本ですが、正直白浮きしたり、ムラになるなどのデメリットがありますよね。

また、ウォータープルーフタイプを使うと、落ちずらくゴシゴシ擦ってしまうことがあります。

そんな状況から、なかなか習慣使い出来ない女性もいるのではないでしょうか?

敏感肌は日焼け止めクリームを使ったケアが出来ない・・・

私は、市販されている安い顔用日焼け止めクリームが使えません。

1日でも使用したものなら、かゆみが現れてきたり、翌日にはニキビが出来るなど肌トラブルが発生するのです。

ですから、専ら顔の日焼け止め対策はファンデーションのみになってしまうが悩みです。

私のように、敏感肌の方や、クリームタイプでは海・プールでの効力低下。さらに、肌への負担がデメリットとなってしまう方もいるでしょう。

飲む日焼け止めが体に与えるもの

では、最近トレンドの日焼け止めサプリなら安心かと言えばそうでもないんです。

日焼け止めサプリにもそれなりのデメリットは、1番は服用から30分~2時間程度しか効果がないという部分でしょう。

正しい時間管理と、こまめな服用が必要になるので、私のようなめんどくさがりでは、長続きしないのです。

さらに、安全性については問題ないと言われているのですが、妊婦さんは服用が出来ません。

日焼け止めを上手に使いこなそう

紫外線は日焼け止めサプリでケア

と言うことで、より紫外線対策の効率を上げるためには、日焼け止めクリームと日焼け止めサプリの両方を使うことでデメリットを補うことが出来るのではないかと思うのです。

日焼け止めサプリなら敏感肌にもメリットたくさん

飲む日焼け止めサプリの最大のメリットとは、もちろん塗りムラが出来ないことですよね。

そして、手が届ない部分もきちんと紫外線対策をすることが出来ます。また、ビタミンⅭやビタミンEなどの抗酸化成分も含まれているので、より美肌効果を得ることも出来ます。

日焼け止めクリームなら体にもメリットたくさん

日焼け止めクリームは、低コストですし、サプリよりは長時間の使用が出来るように感じます。

無論、汗をたくさんかいたり、海水浴などではいつも以上に気にかける必要があるのですが、サプリでも長くて2時間しか効果を得ることが出来ないので、皮脂に強いタイプを使うことで、きちんと紫外線対策を行えるでしょう。

また、妊婦さんも使う事が出来るので、妊娠中の紫外線ケアを行えます。

どちらか一方でも、もちろん紫外線対策を行うことが大切ですが、入念な紫外線対策を考えている女性なら、両方を使用してより効果的に日焼けから肌を守ることがオススメです。
年中降り注ぐ紫外線に負けず、臨機応変に対応していきましょう!

あなたの1クリックが美肌の源→にほんブログ村 美容ブログへ

コメント

  1. としこ より:

    こんにちは。日焼け対策にはサプリとクリームのダブルで挑まないとですね!
    紫外線はそんなに甘くないですからね〜