エトヴォスファンデーション

肌トラブルと無縁になれたmamaの体験談⇒etvosミネファンデーションスターターキットのレビュー

目元の紫外線対策にサングラスのuvカットが便利でおすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段からサングラス使っていますか?uvカットされたサングラスには、眩しい太陽の光を和らげるだけでなく目元のシミ予防にとても効果があるんです。

そして、紫外線の種類によって肌トラブルが変わってきます。シミの原因になると言われている紫外線を知って上手に対策・予防しましょう。

mama
シミは目元に多い原因もリサーリしました。

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ

紫外線の種類はUVAとUVBの2つ

陽の光に手をのばす

実際、紫外線にはA、B、Cの3種類が存在し、紫外線波長は長い方から順に分類されています。地上に届いているのは280~320㎜の紫外線B派(UVB)と320~400㎜の紫外線A派(UVA)の2つがメイン。

紫外線は、波長が短いほど有害作用が強いと言われていますが、季節によって紫外線の量は変動しているので、年間通して紫外線対策やUVケアをするのが、美肌を保つための最大のポイント。

以前紫外線の月別量と対策方法をまとめた記事がこちらです→紫外線はツヤ肌の大敵。紫外線の量を月別で解析

UV-Aが肌に与える影響

紫外線の調波が一番低いUVAは、肌トラブルの作用が弱いのですが、太陽から届く紫外線の9割を占めています。確実に肌に蓄積している紫外線で、肌真皮まで浸透するため、ハリや弾力を失う原因になります。長期的に見ると、シワの原因になると言われているのがこのUVAです。

UVAが1番強くなるのは5月です。この時期は、まだ本格的な紫外線対策をする人が少なく、気が付かない間に肌を老化されてしまっていることも。

UV-Bが肌に与える影響

UVBは、太陽から届く紫外線量は1割と量は少ないのですが、肌への作用が強く、短時間でも肌が赤くなる(日やけによる炎症)や、肌が黒くなる(色素沈着反応)を引き起こす原因になります。

波長が短いUVBは、シミの原因となるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、生体への影響が強いと言われています。

UVBは5月から徐々に増え始め、6月~8月に最大となります。ただ、春や秋でもピーク時の半分の量が地上に届いています

目元はシミが発生しやすい

目を隠したブロンド髪の女性

顔の皮膚はデリケートと言いますが、さらにデリケートなのが唇や目元なんです。

mama
” 目元のメイク落としは優しく”って言いますもんね

目元の小じわケアについてまとめた記事もご覧ください→目元小じわの改善策はスキンケアと日頃の癖を見直すこと

目元って皮膚が薄くともてデリケートなんですよね。そのため、刺激や紫外線など外的要因によってトラブルが起こりやすいでしょう。

シミが気になりだした方は、大抵が頬骨の高い部分や目元ではないでしょうか。唇のシミはケアによって改善する可能性があるのですが、その他のパーツに出来たシミはなかなかキレイに消すことは出来ません。

日頃から、気をつけて紫外線予防をする必要があるのです。

おすすめはuvカットのサングラスで目元の紫外線対策を

大きなサングラスをかける赤ちゃん

紫外線を予防するためには、日焼け止めや日傘、帽子が役立ちますが、もう1つサングラスも用意しておくことがオススメなんだそう。

日常的な紫外線量なら問題はないのですが、長時間浴びることで、白内障や黄斑変性(おうはんへんせい)症、角膜炎と言った病気を引き起こすこともあります。

また、海水浴や登山など日中の大半を強い紫外線の元で過ごす場合は、シミ予防だけでなく病気の予防として、uvカット加工されたサングラスを着用したほうがイイということになります。

実はサングラスってなんだか、気取った雰囲気があるから私はアラサーになってから装着しなくなってしまいました。でも、年齢やイメージなどは気にせず、美肌と健康のためにぜひサングラスをすることが大事だと改めて実感することが出来ましたね。ママは子供と外で遊ぶことも多いから、サングラスを常備しておくと良いかもしれません^^

あなたの応援が美肌の源☆応援お願いします→にほんブログ村 美容ブログへ